手に小さいブツブツした水ぶくれが出来てしまった時の主な対処法

手に小さいブツブツした水ぶくれが出来てしまった時の主な対処法をここではご紹介します。手に出来る小さな水ぶくれは、手湿疹かあるいは汗疱である可能性が高いです。手湿疹の場合には、もともとの体質も関係していますが、家事や仕事などで、頻繁に刺激物に触れることが原因となっているので、それらからお肌を守ることが大切です。

美容師さん、主婦に多い手湿疹は、シャンプーや洗剤などに触れる水仕事が大きな要因ですので、それらに触れる機会を少なくすることが主な対処法になります。

水仕事をする際には、ゴム手袋をはめるようにしたり、シャンプーや洗剤を刺激の弱い製品に変えることも大切です。美容師さんなど、仕事で水やシャンプーなどに触れる機会が多い人は、悪化してしまうと仕事が続けられなくなるケースもあります。

症状の程度にもよりますが、市販されているステロイド外用剤やワセリン、ハンドクリームなどでこまめに手のケアをすることも大切です。水に触れたらしっかりとタオルで水分を拭き取ることも大切です。治ったかな、と思っても再発しやすいのが手湿疹ですので、特にもともとの体質が乾燥肌の方は再発を防止するためにも毎日の手のケア、使用する洗剤などに気をつけるようにしましょう。

手に出来る小さな水ぶくれは、汗疱である可能性もあります。汗疱も再発しやすい皮膚疾患で、手のひらや指先、足の裏などにも小さな水泡がたくさん現れます。原因がはっきりと分かっていないものの、汗や食物などのきんぞくアレルギーが原因ではないかと言われています。

夏場に多く発生しやすいのが汗疱の特徴で、対処法としては、なるべく水仕事を控えることや、手や足に汗をかかないようにすることです。汗をかいたときにはすぐに洗ってハンカチでふきとることも大切です。また、食器洗いやシャンプー時にも手袋をして手を守ることも大切です。

ゴマ油などに含まれているαリノレン酸に効果があると言われているので、炒めものなどにはごま油を使用してみても。手に小さな水ぶくれが出来てしまうと、とても気になり、どうしても触りたくなるものです。

触ったりかきむしったりすることでさらに悪化してしまうので我慢して、早く完治するように正しいケアを行いましょう。

個人的に役に立った対処法

1,アイスノンなどに手のひらをのせて冷やす
一時的に痒みがなくなります。あまり長く乗せていると良くないので注意が必要


2,ハンドクリームを変えてみる
市販のハンドクリームは様々な石油製分や保存料があったりするのでオーガニックなタイプを使う

スキンプロテクトクリーム