花弁状色素斑(光線性花弁状色素斑)というシミの症状

花弁状色素斑とは、光線性花弁状色素班とも呼ばれるシミの一種になります。
シミと言うと、顔に出来るものというイメージが強いかもしれませんが、
花弁状色素班は顔に出来るシミではありません。
花弁状色素斑が出来るのは、両肩から背中の上部にかけてや胸元です。
他にも、紫外線の強度によっては、腕や手の甲などに出来ることもあります。
ですから、シミ対策というのは、顔だけではなく
体にもしっかり行わなくてはいけないのですね。

花弁状色素班のやっかいなところは、シミの形状です。
普通、シミの形は、小さくて丸いものが一般的で、
ものすごく大きかったり、変わった形ではありません。
だけど、花弁状色素班は、名前から分かる通り、花びらの形をしていたり、
こんぺいとうのように変わった形をしています。
ですから、一度出来てしまうと、ものすごく目立ってしまいます。

また、花弁状色素班はメラニン色素の定着力が強いため、
自己流のスキンケアでは薄くなることがほとんどありません。

それに、さらに紫外線を浴びてしまうと、
色が濃くなったり、数が増えてしまうこともあります。
そのため、花弁状色素班が出来てしまったら、
きちんとした治療と紫外線対策が必要になります。

いずれにしても、出来てしまうと、とにかく目立ってしまうので、
出来ないようにすることが重要です。

と言っても、花弁状色素班というのは、紫外線を浴びたからといって
すぐに出来るものではありません。
早くて1ヶ月から3ヶ月ぐらいで現れますが、
中には何年もたってから現れることがあるのです。

すぐに症状が出れば対策を取ることも出来るでしょう。
でも、数年たってからだと、その間は適切なケアが
出来ないこともあります。
他のシミと同じく、花弁状色素班もケアを
しなければその分症状がひどくなります。

ひどくなればなるほど、治りずらくなりますし、
治療も大変になってしまいます。
ですから、花弁状色素班が出来ないように、とにかくしっかりと
紫外線対策をすることが必要になるのですね。