肌トラブルというのは、その人の肌質によって起こりやすかったり、
起こりにくかったりするものです。
例えば、同じ紫外線量を同じ環境で同じ時間浴びたとしても、
日焼けをする人と炎症を起こす人に分かれます。
つまり、同じ状況でも肌トラブルの症状は違うということなのです。

花弁状色素班は、当たり前ですが、
強い紫外線を浴びることで起こってしまいます。
だけど、花弁状色素班でもなりやすい人となりにくい人がいるのです。
花弁状色素班になりやすい人とは、ずばり色白の人です。
もともと肌の色が白い人は、メラニン色素が慢性的に少ないということになります。
ですから、肌だけではなく、目が茶色がかっていたり、
髪の毛もブラウンだったりする方が多いのですね。

メラニン色素が少ないということは、
それだけ紫外線のダメージを受けやすいということです。
メラニン色素は、シミを作り出す悪者、と言うイメージを
持っている方も多いでしょう。

でも、メラニン色素の本来の役割は、
必要な部分を茶色や黒に着色したり、肌をダメージから守るということなのです。
紫外線は体に悪いと言いますが、ちょっと浴びたぐらいなら火傷をしたり、
肌細胞が壊れてしまうことはありません。
これは、メラニン色素が内部で肌を守ってくれているからなのです。
つまり、メラニン色素が少ない色白の人は、紫外線のダメージに対しての
防御機能が弱いということなのですね。

そのため、紫外線によるダメージをあからさまに受けてしまいます。
すると、肌の内部では、このダメージから肌を守るために、
たくさんのメラニン色素が一気に生成されます。
ですから、色白でメラニン色素が少ない人は、花弁状色素班が出来やすいのです。

逆に、色黒の人はメラニン色素が慢性的に多いということになります。
つまり、肌を守る力が強いので、紫外線を浴びたとしても、
メラニン色素の生成量がものすごく増えるということはありません。
このように、紫外線の強さだけではなく、肌質も花弁状色素班の生成に大きく関わってくるので、
自分の肌に合わせた対策が必要になるのです。