ジャンクフードは美容の大敵

ジャンクフードは美容の大敵とよく言われますが、
その理由はいくつかあります。

まず、ジャンクフードが腸にダメージを与えることで、
美容に関しても影響が出てきます。
ジャンクフードの中には、
腸の調子を悪くするようなものが多く含まれています。
例えば、トランス脂肪酸や、強い塩分、糖分などです。

こういった成分は、腸の調子を悪くして、便秘になってしまったり、
下痢になってしまったりします。
腸の調子というのは、肌に表れるので、吹き出物ができてしまったり、
肌が荒れてしまう、化粧のノリが悪くなる等が多くなります。
ジャンクフードには、腸の悪玉菌を増やしてしまう要素もあります。
腸内の悪玉菌が増えると、体臭が強くなったりもしますし、
肌の調子も悪くなり、体調を崩しやすくなってしまいます。

また、ジャンクフードには、強い防腐剤や防カビ剤、
消毒剤が使われていることが多いです。
そういった成分は、体の中に入ると、体の色々なバランスを
崩してしまいますし、内臓に負担をかけます。
特に、解毒を担当する肝臓に負担がかかることが多いとされており、
肝臓の機能が低下して血液が汚れるなど、美容に影響が出てきます。

その他、ジャンクフードは栄養素が偏りがちな点がデメリットです。
美容を向上させるためには、
いろいろな種類のビタミンやミネラルが必要となります。
しかし、ジャンクフードには食塩や炭水化物で構成されたものが多く、
ビタミンやミネラルなどはあまり含まれていません。
こういったことから、ジャンクフードが肌に与える影響は大きく、
美容の大敵とされています。