【ラメラ発酵美容液】30代後半になってから乾燥肌や肌荒れに悩む人に

30代も後半にさしかかると、なんだかお肌の調子が良くない…という日が増えていきます。それは、肌質が年齢によって乾燥しやすくなり、日ごろの生活で受けている刺激によって肌の老化が進んでしまうから。微妙な時期のお肌には、バリア機能の高いクリームを使って調子を整えましょう。

30代の肌に起こるトラブルとは

30代になると、何もしなくてもしっとり肌でいられたものが、いつの間にか乾燥し、肌トラブルが起きやすくなります。乾燥による肌トラブルには、肌荒れ、ニキビ、シワ、くすみ、たるみ、シミなどさまざまな症状があります。

こうした肌トラブルは、肌の水分量が低下し、肌表面のバリア機能が低下し、刺激に弱い肌になってしまうことが大きな原因です。肌表面の角質層の幾重にも重なった層のことは、「ラメラ構造」と呼ばれていますが、バリア機能が低下した肌というのは、このラメラ構造が崩れているのです。

肌荒れを防ぐにはラメラ構造でバリア機能を回復!

ラメラ構造が崩れた肌は、すき間から肌内部の水分が蒸発し、外からの刺激にも弱くなります。紫外線やアレルゲン物質がブロックされることなく侵入してしまうのです。

そこで、失われてしまったラメラ構造を与えてあげることで、肌表面のバリア機能を回復させ、もともとの肌を刺激から守り、丈夫にさせようという美容液が開発されました。

ラメラ発酵美容液の効果とは

ラメラ構造を与える美容液とは、「ラメラ発酵美容液」です。

セラミドやレシチンなど、ラメラ構造に欠かせない成分をしっかり含み、そのうえ、米ぬかと大豆を独自製法で発酵抽出したエキスも配合されています。女性の肌に嬉しいビタミンやアミノ酸をたっぷり含んだ成分は、肌を守ると同時に浸透し、肌内部でも効き目を発揮します。

研究開発の最先端から生まれたラメラ発酵美容液で、肌のバリア機能を回復させ、肌トラブルを根本から治せるでしょう。年齢肌によるトラブルを解決し、ハリのあるしっとり肌になりたい人は、この美容液を使って、笑顔の毎日を過ごしましょう。

詳しくはこちら